お寿司コラム

いつにも増して感動の美味体験

■魚を食べて健康になろう!

魚を食べると健康によいとされていますが、その健康効果はいろいろあります。「魚を食べる回数が多いほど、心臓病のリスクが減る」という米国での2つの大規模調査の結果が米医学誌に掲載されました。8万4000人を対象にしたハーバード大の結果によると、心臓病にかかる人は魚を食べる回数が月に1回未満の人が最も多かったのです。まあ、1月に1〜3回食べるなら21%、週1回なら29%、週2〜4回なら31%、週5回以上なら34%のリスクが減る結果となりました。

マグロやブリなどの青魚に含まれるDHA(ドコサヘキサエン酸)やEPA(エイコサペンタエン酸)などの不飽和脂肪酸を多く摂るほど、動脈硬化を防ぐ効果があるとされていますが、それを裏付ける結果となっています。

必要なカロリーの約40%を魚の油から摂るエスキモーに心臓病が少ないのも、日本人が心臓病で亡くなる数が欧米人の4分の1〜8分の1と少ないのも、DHAやEPAが多く含まれている青魚をよく食べるからだといわれています。

他にも、魚の健康効果は、前立腺ガンの予防、心臓発作による突然死のリスク減、タバコによる害の抑制、また、すぐキレて凶悪犯罪に走るのを防ぐなどの脳や精神面への影響、眼にもよいという発表もあります。


日本で一番美味いと思われる絶品穴子寿司が食べれるお店
個性派変わりネタが豊富な名古屋駅すぐのお寿司屋さん


魚の栄養を手軽に補給

[お魚の恵みでサラサラに]DHA+EPA
EPAの10〜50倍のサラサラパワーDPAを豊富に含んだマンボウ肝油
青魚のパワー!血中中性脂肪に作用する特定保健用食品

スポンサードリンク


美味しいノドグロ

Copyright © 2014- 今日はお寿司でぷち贅沢 All rights reserved.

みやび  イマーク    
*
このエントリーをはてなブックマークに追加
欲しいものが何でも揃う
オンライン食材マーケット

江戸前の旬

おすすめ寿司マンガ

将太の寿司
著者:寺沢大介
出版社:講談社
サイズ:新書版
将太の寿司の最安値を確認
通常24時間以内発送